◆ふり返り日記:3◆家づくりで(地味に)難儀したポイント。

もうすぐ師走。

今回は地味に…と云うか、施主も難儀したけれど
実は工事監督のほうがモット難儀したのでは無いかと云うポイントを紹介します。

キッチン横通路、もしくはパントリー入口脇の壁に集中しているスイッチ群をニッチに集める…


通称『ニッチにスイッチ』です。

ニッチにスイッチは、結構他のブロガーさん達も採用しているので、ご存知だと思いますが、
ワタシの場合、家づくりを始めるまでその存在を知りませんでしたw

基本的にニッチなので、「有っても無くても良いもの」なのですが、ワタシが(独断で)採用した決め手は、

スイッチ類の出っ張りが無くなり、横から見たらスイッチ類が見えなくなるので…

『スッキリする』からです。

先ずは工事監督さんに、注意点として
「ニッチ製作可能だが、構造的に横幅が取れないのでスイッチ類は縦一例の配置になります」と言われました。

そこからワタシは頑張りました…

各スイッチの寸法を調べ、どのスイッチをドコに配置したら良いかワタシなりに考えました。
ちなみにスイッチの種類は
・インターホン親機
・エコキュートコントローラ
・床暖房コントローラ
・照明スイッチ(4箇所)です。




同時に工事監督さんや営業さんも考えているようで…

照明スイッチは、同じフロアーの他の照明スイッチと同じ高さ(床から1200mm位)に合わせたほうが…とか、
インターホンは高い位置に付けると液晶画面が見にくくなる…とかアドバイスを受け、
後は使用頻度で位置を優先すべきか…と考えるけど、


実際に住んでみないと判らない部分やないか…。


結局グダグダのまま建て方に突入し、電気配線立会まで決定は引き延ばしになりました。

そんな独断で暴走して配置を決めるのに迷走した「ニッチにスイッチ」は、web内覧会で(たぶん…きっと)お見せしますね。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[PR]
by nuts-note | 2011-11-29 11:31 | いえづくり