コンタミ。


タイトル注:コンタミネーション(contamination)のこと。
本来は『汚染』を表す英単語だが、生物学などの分野では
『実験汚染』『実験室汚染』の意味で使われている。
漫画「動物のお医者さん」で登場し、一般でも使われるようになった(と思う)


3ヶ月点検の際、『リビングの塗り壁に、謎のシミが複数有るのですが
どうやって汚れを落とせばいいでしょうか?』と聞きました。

住んでから、鉛筆でなぞったような表面の黒っぽい汚れなどは
『ゲキオチクン』系のスポンジでやさしく撫でたら汚れが落ちたので
別に気にしていなかったのだけど、
何らかの液体系のものが染みこんだ汚れだけはどうやっても取れない・・・。


b0242064_01487.jpg

完成見学会の時のリビング・ダイニングですー。
シミが見つかった箇所は、リビング入口ドアの横(照明スイッチの周り)から
照明ブラケット近くまでの広範囲にわたって見つかりました(汗)
薄ーい色のシミなので、照明を点けると全然目立たないのですが、
昼間の自然光では、シミの存在を知っているだけにどうしても目に付いちゃう。

染みぬき・・・という概念はナサゲだし、
タッチアップ的な補修も出来ないぽい。
(塗り替えするというのがベストだけど、塗るとしたら
壁一面全部塗らないと・・・と言われました)

結局サンドペーパーで表面を擦ってキモチ薄くなったというのが
とりあえずの解決策のようです。
しかしあまり擦りすぎると壁がなくなっちゃうので、
なるべく汚さない方向で・・・と言われました。

しかしながら、一番汚れそうなキッチンはキレイなのに
何故にリビングの壁にシミが・・・と皆で首を傾げていました。
(キッチンの壁は絶対汚れるだろうと想定していたので、普段使いのときは
細心の注意をはかってましたー。)

検査の方達が帰った後、おもむろにリビングの扉をよーく見ると
アルミのライン部分になにやら黄色い液体が(汗)
果物のようなあまーいニオイがしたので、食品系の液体です。
そういえば、先月に凍らせたチュッチュ(チューチュー?)を
半分に折って、ムスメが『つめたーい♪』とか何とか言って
食べる前にオモチャみたいに振り回していたような記憶が・・・(汗)

ドアのアルミのラインなどにくっついた黄色い液体と
その隣の塗り壁の飛沫チックなシミはもしかしたら(以下略


ムスメには『折角キレイに塗った壁を汚したら、工事のオジサンが
悲しむから汚さないようにしようね』と言ってみました。
とりあえずは解ってくれた様子です。


しっかしながら、壁の汚れを削らずに手軽に取る方法って無いのだろうか・・・。
[PR]
by nuts-note | 2012-07-02 17:15 | 住みごこち